あまり知られていないリサイクルで発生するデメリットとは

リサイクルは環境保護のためには非常に重要なことである。しかしながら、同時にデメリットも存在することを忘れてはいけない。
今回はそんなデメリットについて紹介していくことにする。

コストが多くかかる

物の再利用もタダとはいかず、それなりの費用がかかる。たとえば人件費や物の輸送費である。
リサイクルに使う物を選ぶ作業は手作業で行われていることが多い。また、再利用する物を運ぶにも燃料などの費用が必要となる。
こういった費用がかかることを懸念して、物の再利用がされにくい状況となってしまうことも少なくないのだ。

製品の価格が高い

再利用によって作られた製品というのは価格が高いことが多い。これは先ほど説明したように多くのコストがかかることが原因となっている。
そのため製品が買われにくくなり、結果として再利用製品があまり使用されなくなってしまうのである。

物の再利用が無駄というわけではない!

ここで気を付けて頂きたいのは、物の再利用が無駄というわけではない、ということである。
物を再利用することで限りある資源の消費を減らすことができ、なおかつごみを減らすことができるという点は最大のメリットだ。

そのメリットを失くさないためにも、我々の意識が非常に重要となる。
たとえば、リサイクルがしやすいようにごみ出しの際はしっかりと分別を行うことも一つの方法だ。
また、不用品は回収してもらう、粗大ごみや産業廃棄物などは適切に処理をするなど、適材適所対応することも肝心となるのである。

△PAGE TOP